名前はまだない

不定期更新で思ったことをだらだら述べるブログ

「スタースクリーム軍団」感想

タイトルオチ

スタースクリーム軍団」:「STARSCREAM'S BRIGADE」

脚本:Michael Charles Hill

日本版52話 原語版62話

【あらすじ】

いつものデストロン海底基地。メガトロンとスタースクリームによるリーダーの座を懸けた言い争いが行われていた。ついに堪忍の緒が切れたメガトロンはスタースクリームガダルカナル島へと捨て去っていった。目が覚めたスタースクリームはかつての戦争に使われていた兵器を改造し、新たなる部隊を結成するのであった。

 

 

今回のエピソードは、第45話「突撃エアーボット」に登場したデストロンの新部隊コンバットロンの誕生エピソード。冒頭では1943年のガダルカナル島のWWⅡの様子が描かれています。人間の武器からレーザーが出るのはご愛嬌。そして1985年のガダルカナル島が映されて回想終了。

さて、デストロン海底基地!スタースクリームとメガトロンのいつものアレが始まっていた。

レーザーウェーブならああだ、レーザーウェーブならこうだ、レーザーウェーブが御立派なのはよーく分かりやしたよォ」

レーザーウェーブこそは理想的な戦士だ。勇敢でしかも忠実。第一でしゃばらん」

「いや、それを言うなら奴には人を見る目がないってことでさぁ。サイバトロンを倒せぬような腰抜けをリーダーに奉ってるんだからな」

ここであきれ顔のスラストとアストロトレイン、感情をを露にしてバイザーオフまでするサウンドウェーブすき。

「相変わらず分からん奴だなスタースクリーム。奴等を倒せない理由の大半はお前のミスなんだぞ 」

「うるせえ!人をコケにするのもいい加減にしろ!!」

事実やぞ。スタースクリームはメガトロンにナルビームで攻撃。メガトロンは背後からの攻撃に思わず倒れてしまいます。

「ふ、ざまあみやがれ。おいデストロン共!ニューリーダーはこの俺だ!俺様に従うか」

メガトロンを踏み、手を掲げるスタースクリーム。しかし、メガトロンはこの程度では倒れません。彼はスタースクリームを蹴り上げます。

「なんだよ…メガトロン。お前、死んだ…死んだはずではなかったのか」

「この愚か者めが!貴様ごときのへなへなレーザーを喰らったくらいで死ぬようなメガトロン様だと思うのか!?これまでにワシは我慢に我慢を重ねてきたが、もう今日という今日は我慢できんぞ!!

こんなん草生えるわ

スタースクリームサウンドウェーブ達に助けを求めますが、皆助ける気などこれっぽっちもありません。スタースクリームは逃げ出そうとするも、当然メガトロンの融合カノン砲で制裁され、遠くの島へと追放されるのでした。

かくして、スタースクリームガダルカナル島に捨てられました。彼がぶつくさと恨み言を呟いていると、砂浜に埋もれている戦闘機の翼につまずきます。早速砂浜を掘り起こし、戦車を引き上げます。

「こいつを見てるとあれだ…大ボラ吹きのブリッツウィングを思い出すぜ」

「トリプルチェンジャーの反乱」で痛い目見たもんね…。そして、スタースクリームは自分にも部下がいてもおかしくはないと呟き、彼は行動に移ります。

「貴様一人で何ができるものかだと?ようし、俺様の力を見せてやろうじゃねえかあ!!

最後にいくにつれて荒々しい声になるスタースクリームすき。そして、スペースブリッジ。見張りをしているサンダークラッカースカイワープの元にスタースクリームがやって来ます。正規の許可書を見せなければ通さないと言われ、銃口を突きつけるスタースクリーム。彼らを脅し、セイバートロン星へ向かいます。

セイバートロン星に到着したスタースクリームは、デストロン刑務所217号室から反逆者のパーソナルコンポーネントを強奪し、倉庫を爆破させて地球へ帰ります。ここでのパーソナルコンポーネットとは、TF達の精神が収められたもの。早速掘り起こした兵器に埋め込み、彼らを目覚めさせます。

「我がコンバットロン部隊、トランスフォーム!」

戦車に変形するブロウルジープに変形するスウィンドル、軍用スペースシャトルへと変形するブレストオフボルターは戦闘ヘリコプターに、そして指揮官のオンスロートはミサイルトレーラーへと変形。

オンスロートとブレストオフは今の容姿に文句をつけます。私個人の感想を入れるとバイザーとマスクのあるロボはこの上ないイケメンだと思いますよ。かっこいいです。スタースクリームは自分が彼らにとっての命の恩人だと言い、反逆を手伝えと命令するもブロウルに銃を向けられます。しかし、エネルギーアブソーバをまだ取り付けていないから自分に従うしか道はないだろ言われ、コンバットロンは一時的に協力すると答え、取引に応じました。

そして、某都市ではコンボイ司令官を称える銅像の記念式典がなされていました。銅像なのにやたら色がしっかりしているのも笑う。しかし、コンバットロンが街を荒らしに来て、クリフとマイスター副官はボルターに捕まります。部下の初陣にして勝利を飾り、上機嫌のスタースクリーム。彼らの次のターゲットはメガトロン!

 

砂浜へと戻るコンバットロン達。俺の大活躍見たか?というブレストオフ。かわいいですね。ブレストオフも自分のお陰だろうと言いはじめ、次々に喧嘩を始めるコンバットロンスタースクリームは喧嘩を止め、メガトロンを倒さなければエネルギーアブソーバを付けられんと言います。

レーザーウェーブは刑務所に侵入者が現れ、部品を盗まれたことをメガトロンに報告します。この報告を受けたメガトロンはサイバトロンの仕業だと考えます。そして、サイバトロン基地。テレトランワンからの報告から記念式典会場の襲撃とマイスターとクリフの失踪を知るコンボイ司令官。今回はエネルギーが絡んでいないにも関わらずデストロンの襲撃があったことが気になった司令官。

スタースクリームのやつとうとう頭がおかしくなったんですかねぇ」

パワーグライド中々辛辣ですね。そして、メガトロンが基地を襲撃しにやってきました。お互いに思い当たらないことを言われ、困惑する二人。メガトロンはこの犯人が誰か閃くも射撃されてしまいます。反撃しようとするも、エネルギーが切れたらしく退却していきます。何がしたかったのか分からず、バンブルと司令官は呆然と立ち尽くしていました。

テレトランワンにデストロンに反逆した囚人のことを尋ねたところ、彼らは政治犯として監禁されていたそうです。メガトロンの命令で、レーザーウェーブがパーソナルコンポーネントを抜きとり管理していたとのこと。パワーグライドは、これがスタースクリームが新部隊を結成するために引き起こしたことだと推理を披露。クリフと副官を助けるべく、サイバトロンは出動です。無慈悲なぶつ切りBGMすき。

一方、メガトロン達。

「おい、スタースクリームマヌケは何処におるんだ!」

後ろから答えが返ってきます。コンバットロンにも包囲され、絶体絶命のメガトロン!

 

しかし、メガトロンにはサウンドウェーブがいた!故意ではあるものの、サウンドウェーブは電源を撃ち、明かりを消しました。この隙に退却するメガトロン一行。このシーンにリフレクターがいます。シーズン1以来ですねぇ。コンバットロンを責めるスタースクリームでしたが、彼らに追い詰められるとやられたダージとラムジェットを指してエネルギーアブソーバが揃いかけたことを咄嗟に伝えます。ここで互いに顔を見合わせるコンバットロンすき。

スタースクリームの居場所を突き止めるべく、パワーグライドは偵察へ。(ここのエンブレムがデストロン→サイバトロンになってます)そして、デストロン基地!レーザーウェーブも地球に降り立っています。スタースクリームコンバットロン抹殺すべく、デストロンは全員で出撃。スタントロンを呼び出すのですが、彼らはぶっ壊しレースの真っ最中。このレースが終われば駆けつけるそうです。

そして、スタースクリーム達はエネルギー供給中。シュール過ぎて草生える。吸盤の跡が付いてるのが拍車をかけます。スタースクリームを見つけ、攻撃を仕掛けるメガトロン。更に、サイバトロン戦士も現場に向かいます。ビルドロンはデバスターへと合体。コンバットロンも合体し、ブルーティカスとなって対抗。サイバトロンも現場に到着。グラップルとラチェットに二人を解放するよう命令します。そして、一時退却を命じるメガトロン。ここでブルーティカスの肩に立つスタスクのシーン好き。そういう構造すごい好きです。ブルーティカスに握りしめられ、デストロンのリーダーがスタースクリームだと声に出すメガトロン。

「ニューリーダー誕生かに思えたのだが、その時!デストロン軍団の強力メンバーが到着した!」

スタントロン部隊の登場です。スタースクリームは引き時を知らないと評価が下されます。走行からの合体はとてもかっこいい。メナゾールの一撃により、戦いは終わった。首を絞められるスタースクリーム。この期に及んで許しを乞うのですが、コンバットロンと共に地球から追放されるのでした。

「メガトロン!俺を殺さなかったことを後悔させてやる!必ず復讐に戻ってくるぞ!!」

 

 

 

殺さない辺りほんと器広いですねメガトロン様…。

_______________________________________

今回の叱責

「この愚か者めが!」

ニューリーダー(的)発言

「おいデストロン共!ニューリーダーはこの俺だ」

「こいつらの協力を得て、たった今からこのマヌケのスタースクリーム様が、デストロン軍団のトップに立つんだ」

「みんな聞いたろう!今から俺がデストロンニューリーダーだぞ!」

ガバ作画・塗りミス

  1. スペースブリッジに着いたスタースクリームの目が青い
  2. コンバットロンに話すスタースクリームの目が青い
  3. ブロウルが風を起こした際のクリフがバンブルになっている
  4. サイバトロン基地を襲撃しにきたスラストが真っ黒
  5. 撃たれたはずのダージデストロン基地に戻っている
  6. スタースクリームの手が真っ赤
  7. 発電所に着いたパワーグライドが真っ白
  8. メナゾールの攻撃を受けたスタースクリームの目が青い