名前はまだない

不定期更新で思ったことをだらだら述べるブログ

「ヨーロッパ横断特急」感想

オーギーもバンブルも漢だ…

「ヨーロッパ横断特急」:「TRANS-EUROPE EXPRESS」

脚本:David Wise

日本版46話 原語版60話

【あらすじ】

地球に隠されているパールを手にするべくメガトロンは市民を襲撃する。一方、サイバトロンはヨーロッパ横断レースというチャリティーレースの出場者オーギー・カーネイの護衛もあり、このレースに参加するのであった。

 

トルコの都市イスタンブール。そこではメガトロンが市民を襲いアブダルという学者の居場所を聞き出していました。絶対に教えないと言った矢先に攻撃されてアブダルの居場所を話す商人ほんとすき。アブダルを見つけ出しジェフディンのパールをありかを教えてもらったメガトロン達は、早速目的地へ向かいます。しかしアブダルは災いが降りかかるだろうとメガトロンに告げます。

ところ変わってパリ。チャリティレースとしてヨーロッパ横断レースが開催されてました。なんと勝者には百万ドルが贈呈されるとのこと。更にサイバトロン戦士達もレースに参加!

「聞いたかいバンブル、賞金百万ドルは魅力だな」

金に目が眩むトラックスすき。そこにオーギー・カーネイという男性がやってきてロボットであるサイバトロンの参加に反対します。ごもっともすぎる…。彼もまた賞金を狙って参加したようです。彼の運転する車は非常に珍しい合金から出来ており、メガトロンに目をつけられると踏んだサイバトロンは、彼の護衛として参加したのです。レースに参加するサイバトロンはトラックス、スモークスクリーンストリークホイルジャック、サンストリーカー、ランボル、バンブルの7人。バンブル以外はかなりのレース向きの車なんだとか…。

ピストルが鳴らされレーススタート。レース開始から猛スピードで走行するバンブル。ホイルジャックにそんなに飛ばしちゃいかんよと笑われたとき、二人の間をオーギーが突っ切って行きました。

「あやつなんてことすんだい。レースのルールを教えてやんなきゃ」

「いいからほっとけ。あんな無茶な運転を続けとったら今に自分でこけるに決まっとるよ」

護衛ってなんですか…。

さて、メガトロン達はというとテラノバ教授にパールの居場所を探してもらっていました。早速反応のあった場所をスカベンジャー達に掘り起こしてもらいます。サウンドウェーブの報告から、作戦の邪魔になりそうなサイバトロン達を蹴散らすためにスタントロンを出動させるメガトロンでした。

レース山道。オーギーにぶつかり、後ろに飛ばされるバンブル。変形して「もー!」と怒るバンブルくんかわいい。

「いくら温厚なオイラでも、もう我慢できないぞ!断じてレースのマナーを教えてやる」

やってきたストリークに乗り、オーギーを車内から引きずり出すバンブル。怖すぎる。

「いや、あんな運転を続けてたらその前に死んじまうぞ。お前が死ぬのは勝手だが、他のドライバーまで巻添えを喰うじゃないか」

ストリークもバンブルもなんとまあ野蛮な…。

イタリアを通過したというランボルとサンストリーカー。しかしランボルがイタリアで道を間違えたらしく、大幅に遅れをとってしまったそうです。そこに現れたのはスタントロン。デッドエンドの射撃!!どうなる双子!?

 

至近距離にもかかわらず外すデッドエンド。何発か撃った後に二人を倒しました。トルコにやってきたホイルジャックの相手をするのはモーターマスター

「片側は海、片側は切り立った岩肌!スリル満点のカーチェイスだ!」

ナレーションも楽しそうです。最初は追跡を振り切れたものの、モーターマスターに潰されて動けなくなってしまいます。スモークスクリーンはというと、ワイルドライダーの攻撃を喰らってしまい道路に倒れ込ます。そこにやってきたのはストリークスタントロンに囲まれるもワイルドライダーに飛び乗り逃走を図るストリーク。彼の始末をワイルドライダーに任せるというモーターマスター。信頼があるっていいですね…。なんとか逃走できたストリークの目先には倒れていたテラノバ教授が居ました。

ゴール間近のトラックスとバンブル。彼らの目の前には衝突しようとするスタントロンが!茂みに隠れてその場をやり過ごす二人。ここ目の前に二人が居たのにもかかわらず何事もなく通りすぎるのがシュールすぎる。ストリークから通信が入り、デストロンの行動を止めてくれと頼まれます。メガトロン達はやって来たオーギーから車を奪うスタントロン。そして、パールを探し当てたメガトロン!

 

道路に立ち尽くすオーギーでしたが、ストリークに乗ってデストロンを追跡します。

「ついでだから人間の違いを見せてやるぜ。本物のレーサーの腕がどんなものなのかもな」

優勝出来ると分かり喜ぶバンブルすき。ゴール前で横並びとなるトラックス、バンブルにストリーク。ほぼ一斉ゴールでしたが、実況によるとストリークが一番早くにゴールしたように見えたようです。オーギーのレーサーとしての腕は確かなものでした。

パールを掘り出したスカベンジャー。メガトロンにパールが渡ったときにバンブル達も到着。メガトロンの説明曰く、このパールは遥か昔にセイバートロン星で作られた気象コントロール装置のコアだそうです。地球に墜落し、14世紀に掘り起こされたが街を破壊したために封印されていたそうです。そして、オーギーの乗っていた車の特殊合金は、パールを作動させるにはぴったりの代物。

「そいつを溶かしジェフディンのパールのコントロール装置を作り上げさえすれば…余はあらゆる物質を支配することが出来る!フハハハハハハ!」

オーギーは自分の車に手を出され、素手でスカベンジャーに立ち向かいます。トラックスとストリークも援護。そして、スカベンジャーに炎を浴びせるオーギー。強すぎる…。バンブルは弱点をついて攻撃するよう考えます。ここでモーターマスターの上を通るときに「ごめんよ!」って言うバンブルくんすき。バンブルはボーッと突っ立っているメガトロンからパールを奪います。きっと地球を支配する妄想に耽っていたのでしょうかね…。スタントロンに囲まれ、窮地に追い込まれたバンブル達だったが、バンブルはパールの一部を開放!パールを取り戻すべくメナゾールへ合体するスタントロンメナゾールの攻撃からパールを手放してしまうバンブル。パールは嵐に吸い上げられ、取り返そうにも取り返せない。メナゾールの足場を崩すも、びくともしないメナゾール!オーギーは一旦車に乗り、この場から立ち去ります。

「見て!オーギーの奴逃げていくよ!」

「やっぱりな…。あの程度の男だと思ったよ!」

普通の人間なら逃げる道を選択しますよ…。今度こそピンチのトラックス、ストリーク、バンブル!

コンボイ司令官にさよなら言いたかったなぁ!」

好き。すると、メナゾールの顔面に車をぶつけるオーギーの姿が!!強い。

「オーギーやったねすごぉい。あの化け物をKOしたんだぞ!」

「いやあ君の事を誤解してたよオーギー!」

バンブルはパールを破壊すべく自ら竜巻の中へ飛び込み、パールを破壊します。勇気10は伊達ではない…。

事態も収まり谷から帰る四人。このレースはメガトロンがオーギーの車を引っ張り出すのが目的で開催されたレースでした。賞金も得られない。だが、パールを包んでいたケースを売ればいい、とオーギーはバンブルにケースを渡します。

「そんな金いるかよ。あばよ!」

最初は賞金目当だったけどこうやって去っていくオーギー、漢です。そして、最後には…取り残された実況が写し出されて締めくくられます。

 

_______________________________________

今回の叱責

スタースクリームの登場なし

ニューリーダー(的)発言

上に同じ

作画・塗りミス

  1. パールを発見したシーンのメガトロンのエンブレムが赤色
  2. メナゾールに合体した後、ストリークが プロールになっている
  3. パールが全て開放され飛び立つデストロンの中にランボルが混ざっている
  4. オーギーが崖に移動し、メナゾールに攻撃されそうになるストリークがプロールになっている